fbpx
吉野の山奥で三代目が作る羊羹との出逢い
吉野の山奥、清流が流れる村、
江戸末期創業の老舗和菓子屋、
気になりすぎる栗羊羹。

電車を降りて、バスに揺られ約40分。バスから旅ははじまっている。山道を抜けてたどり着いたのは奈良県東吉野村。ここで村にたったひとつという和菓子屋がある。西善の三代目西林さんがお一人でつくられる栗羊羹にどうしても出逢いたかった。

「杣づと」という名前の由来は、
「杣(そま)」は人の手が入った山のことをいい、
「づと」は包むという意味から「山からの贈り物」と込められている。
その名のとおり、山の自然を感じる場所にその和菓子屋はある。

「杣づと」という名前の由来は、
「杣(そま)」は人の手が入った山の
ことをいい、「づと」は包むという意
味から「山からの贈り物」と込められ
ている。その名のとおり、山の自然
を感じる場所にその和菓子屋はある。

詰め加減が難しい、と
泡や粘り加減を見極めるために手で鍋を
かき混ぜつづける。

川の音と鳥の鳴き声が聞こえる作業場とひとつひとつ作業をこなす西林さんの姿に、ただただ丁寧な時間をみた。手づくりのため1回につくられる量には限りがあるが、昔ながらのつくり方で、とにかくあんこがシンプルでおいしい。素材の味をそのまま味わえるような上品な甘さと、刻み栗の食感がお気に入り。

今は四代目となる息子さんが別店舗で朝生菓子などをつくられているそうだが、羊羹だけはここでつくりつづけているという。山深い自然に囲まれて湧く水だから、より丁寧な和菓子に仕上がるのかもしれない。

今は四代目となる息子さんが
別店舗で朝生菓子などを
つくられているそうだが、
羊羹だけはここでつくり
つづけているという。
山深い自然に囲まれて
湧く水だから、
より丁寧な和菓子に
仕上がるのかもしれない。

味はもちろん、
この職人さんがつくるからこそ、という
出逢いがある。はるばる足を運んででも
食べたいものがある。



紹介した商品

[西善]
杣づと 2本入

2本

3,028円(税込)+配送料

奈良・吉野の山奥で丁寧につくられる、刻み栗の入った上品な甘さがうれしいこだわりの栗羊羹。贈り物にもおすすめです。
※年内お届けご注文期限:12/29まで ※1/2〜1/5の配達日指定はできません 年明け発送1/5から  ※店舗休業日:1/1〜1/4

賞味期限 製造日より常温で6ヶ月
配送について ご注文日から2〜3営業日以内に発送
※配達希望日時がある場合は、購入画面の備考欄からご記入いただけます(ご注文受付日から5日目以降の日付をご指定できます)
配送料について 出店店舗ごとに配送料が異なります。購入画面で自動計算されます
【西善からの配送料の目安】関東エリア:60サイズの場合940円(税込)/関西エリア:60サイズの場合830円(税込)
サイズ 箱サイズ約縦22.5×横12.3×高さ4cm
原材料 小豆・砂糖・寒天・栗
アレルギー表示 なし
保存方法 直射日光、高温多湿を避けて保存
  • 包装

  • のし

  • 配送温度帯

    常温

※注文数につき、手提げ袋をお付けしております ※のしをご希望の方は、購入画面の備考欄に記載ください

店舗詳細

店名 西善
住所 〒633-2421
奈良県吉野郡東吉野村小川701番地
電話番号 0746-42-0061