fbpx
手づくりが生みだす、自然の色と味。 何度も食べたくなる懐かしの味。
きれいな竹色、素朴な味わい。
すべて職人のかけた手間から
生まれています。

きれいな竹色の和菓子。素材と自然の色を生かし、添加物は一切入っていない。その素朴な味わいには懐かしさを覚える。埼玉県熊谷の郷土菓子の「五家宝(ごかぼう)」。由来は古く諸説あるが、今でも地元で親しまれている。

きれいな竹色の和菓子。素材と自然の色を生かし、添加物は一切入っていない。その素朴な味わいには懐かしさを覚える。埼玉県熊谷の郷土菓子の「五家宝(ごかぼう)」。由来は古く諸説あるが、今でも地元で親しまれている。

本来のきなこはこの竹色の青大豆がはじまりであるが、一般的な大豆より高価なことなどもあり、多くの和菓子屋の五家宝は黄色いきなこを使ったものが主流となっている。

本来のきなこはこの竹色の青大豆がはじまりであるが、一般的な大豆より高価なことなどもあり、多くの和菓子屋の五家宝は黄色いきなこを使ったものが主流となっている。

味わい深く感じる青大豆のきなこ。現在、この青大豆のきなこの皮と、中身のたねを自家製でつくっているお店は少ないという。

味わい深く感じる青大豆のきなこ。現在、この青大豆のきなこの皮と、中身のたねを自家製でつくっているお店は少ないという。

江戸末期創業の老舗「たねに」さんは、すべて自家製で五家宝だけをつくっているという希少な和菓子屋だ。五家宝のたねを和菓子屋に卸すたね屋からはじまったが、機械化が進み本来の味が失われることに危機感を感じた先代が、自分たちでつくることを決意。今は5代目となった内ヶ嶋さんが、一から手づくりで、その変わらぬ想いと技を受け継いでいる。

江戸末期創業の老舗「たねに」さんは、すべて自家製で五家宝だけをつくっているという希少な和菓子屋だ。五家宝のたねを和菓子屋に卸すたね屋からはじまったが、機械化が進み本来の味が失われることに危機感を感じた先代が、自分たちでつくることを決意。今は5代目となった内ヶ嶋さんが、一から手づくりで、その変わらぬ想いと技を受け継いでいる。

まずは中身のたねづくり。粉にした餅米から餅にし乾燥して煎る… など3日ほどの工程を経たたねを糖蜜とよく絡める。季節によって糖蜜のバランスを加減することで蜜の吸い方が異なり、程よい食感が残る。たね屋だっただけに、味と食感に妥協は無い。

まずは中身のたねづくり。粉にした餅米から餅にし乾燥して煎る… など3日ほどの工程を経たたねを糖蜜とよく絡める。季節によって糖蜜のバランスを加減することで蜜の吸い方が異なり、程よい食感が残る。たね屋だっただけに、味と食感に妥協は無い。

皮はこだわりの山形県産青大豆のきなこと糖蜜と水飴。きれいな自然の竹色で、工場内にはその香りが漂っている。普通のきなことの違いは、甘みが強いことだとか。

皮はこだわりの山形県産青大豆のきなこと糖蜜と水飴。きれいな自然の竹色で、工場内にはその香りが漂っている。普通のきなことの違いは、甘みが強いことだとか。

大きなたねを皮で包んだゴロンとしたかたまりを、杉板で均等に伸ばしていく。この作業を「撚る(よる)」という。微妙な手の感覚を頼りに、大きな作業台を行ったり来たり。台の幅いっぱいの長い1本になる。

大きなたねを皮で包んだゴロンとしたかたまりを、杉板で均等に伸ばしていく。この作業を「撚る(よる)」という。微妙な手の感覚を頼りに、大きな作業台を行ったり来たり。台の幅いっぱいの長い1本になる。

それを「断つ」のだが、刃にたねがくっつきやすいため、意外にも撚る作業より難しいのだそう。ひとつひとつの手間を経て、五家宝が完成。

それを「断つ」のだが、刃にたねがくっつきやすいため、意外にも撚る作業より難しいのだそう。ひとつひとつの手間を経て、五家宝が完成。

口にした時の青大豆の香り高さと、もちっとした粘りと軽い食感がおもしろい。ほのかな甘味がとてもやさしく、1本食べるともう一度味を確かめたくなる。そして2本目でじわじわとおいしさを噛みしめる。また食べたいと思わせる郷土の味。

口にした時の青大豆の香り高さと、もちっとした粘りと軽い食感がおもしろい。ほのかな甘味がとてもやさしく、1本食べるともう一度味を確かめたくなる。そして2本目でじわじわとおいしさを噛みしめる。また食べたいと思わせる郷土の味。

今では食べやすい細巻きが一般的だが、原型は太巻きだった。たねにさんでは、太巻きもつくっている。たねが大きい分だけ甘みの感じ方も異なるので、どちらも楽しんでみてほしい。日持ちはするがきなこの風味をしっかり感じるつくりたてをぜひ食べてみてほしい。

今では食べやすい細巻きが一般的だが、原型は太巻きだった。たねにさんでは、太巻きもつくっている。たねが大きい分だけ甘みの感じ方も異なるので、どちらも楽しんでみてほしい。日持ちはするがきなこの風味をしっかり感じるつくりたてをぜひ食べてみてほしい。

五家宝づくりは、とてもシンプル。そしてすべてに人の手間がかかっている。その手間の分だけの何度も食べたくなる味わいがある。
たった二人でつくっているため、生産できる量は限られるが、この味が変わらず続いていることが嬉しいと思う。

五家宝づくりは、とてもシンプル。そしてすべてに人の手間がかかっている。その手間の分だけの何度も食べたくなる味わいがある。
たった二人でつくっているため、生産できる量は限られるが、この味が変わらず続いていることが嬉しいと思う。

この記事を書いたのはセコでした

紹介した商品

[五家宝 たねに]
五家宝 太巻き2本・個包装(2本入)8袋入

太巻き2本、個包装(2本入)×8袋

1,850円(税込)+配送料

古くから伝わる埼玉県熊谷の銘菓「五家宝」。山形県産青大豆の自家製きな粉をまとったやさしい甘みと香ばしさ、サクッモチッとした食感が特長。すべて職人の手づくりの、素朴で懐かしい味わいをぜひ。食べやすい個包装タイプと、太巻きの詰め合わせです。
※年内お届けご注文期限:12/26まで ※12/28〜1/5の配達日指定はできません 年明け発送1/4から ※店舗休業日:1/1〜1/3

賞味期限 製造日から2週間
配送について ご注文日から3営業日以内に発送
※配達希望日時がある場合は、購入画面の備考欄からご記入いただけます(ご注文受付日から5日目以降の日付をご指定できます)
配送料について 出店店舗ごとに配送料が異なります。購入画面で自動計算されます
【五家宝 たねにからの配送料の目安】関東エリア:60サイズの場合830円(税込) /関西エリア:60サイズの場合940円(税込)
サイズ 箱サイズ約縦23×横18×高さ4.5cm
原材料 餅米、きな粉、砂糖、水飴
アレルギー表示 大豆
保存方法 高温多湿を避けて保存
  • 包装

  • のし

  • 配送温度帯

    常温

※手提げ袋はお付けしておりません。ご必要な場合は、購入画面の備考欄に記載ください

[五家宝 たねに]
五家宝 18本入

18本入

900円(税込)+配送料

古くから伝わる埼玉県熊谷の銘菓「五家宝」。山形県産青大豆の自家製きな粉をまとったやさしい甘みと香ばしさ、サクッモチッとした食感が特長。すべて職人の手づくりの、素朴で懐かしい味わいをぜひ。
※年内お届けご注文期限:12/26まで ※12/28〜1/5の配達日指定はできません 年明け発送1/4から ※店舗休業日:1/1〜1/3

賞味期限 製造日から2週間
配送について ご注文日から3営業日以内に発送
※配達希望日時がある場合は、購入画面の備考欄からご記入いただけます(ご注文受付日から5日目以降の日付をご指定できます)
配送料について 出店店舗ごとに配送料が異なります。購入画面で自動計算されます
【五家宝 たねにからの配送料の目安】関東エリア:60サイズの場合830円(税込) /関西エリア:60サイズの場合940円(税込)
サイズ 箱サイズ約縦20×横14.5×高さ2cm
原材料 餅米、きな粉、砂糖、水飴
アレルギー表示 大豆
保存方法 高温多湿を避けて保存
  • 包装

  • のし

  • 配送温度帯

    常温

※手提げ袋はお付けしておりません。ご必要な場合は、購入画面の備考欄に記載ください

店舗詳細

店名 たねに
住所 〒360-0041
埼玉県熊谷市宮町2-163
電話番号 048-521-2667