fbpx
元禄時代からつづく宮崎の伝統和菓子 「鯨ようかん」が気になる。
和菓子好きがスルーできない
このカタチ!
300年以上続く、
宮崎の伝統和菓子。
元禄時代から続く伝統和菓子 昔ながらの手作りで

宮崎県宮崎市の佐土原に、300年以上古くから伝わる和菓子がある。それが「鯨ようかん」。佐土原は島津藩の城下町で、元禄時代に家督を巡って起きた争いによる我が子の身を案じた母が「鯨のように大きく、元気に、たくましく育つように」と願いを込めてつくらせた献上菓子だと言われている。

宮崎県宮崎市の佐土原に、300年以上古くから伝わる和菓子がある。それが「鯨ようかん」。佐土原は島津藩の城下町で、元禄時代に家督を巡って起きた争いによる我が子の身を案じた母が「鯨のように大きく、元気に、たくましく育つように」と願いを込めてつくらせた献上菓子だと言われている。

まずは気になる ぽってりかわいいこの見た目

まず驚くのはこの見た目。あんこに餅が挟まっている?と思いきや、内側は米粉を使った団子で正確には餅では無いし、「鯨ようかん」と言っても一般的な“ようかん”とは別物である。

まず驚くのはこの見た目。あんこに餅が挟まっている?と思いきや、内側は米粉を使った団子で正確には餅では無いし、「鯨ようかん」と言っても一般的な“ようかん”とは別物である。

ほんのり塩気と食べやすいモチっと

ほんのり塩気を感じるこしあんは、甘すぎずまろやかな味。生地もモチッとしながらも歯切れのよい食感!さて、このカタチ、どうやってつくっているのか気になる。。

ほんのり塩気を感じるこしあんは、甘すぎずまろやかな味。生地もモチッとしながらも歯切れのよい食感!さて、このカタチ、どうやってつくっているのか気になる。。

海とくじらに見立てたお菓子

一説では、白い部分を海に見立て、あんこが鯨の頭という一度見ると忘れられないこのカタチ。日持ちがせず、県内で食べられるのがほとんどなため、意外と知られていないのだとか。

一説では、白い部分を海に見立て、あんこが鯨の頭という一度見ると忘れられないこのカタチ。日持ちがせず、県内で食べられるのがほとんどなため、意外と知られていないのだとか。

創業100年以上続く 米屋さんがつくる和菓子

佐土原で「鯨ようかん」をつくっているお店は数軒だというが、その一軒である「安田屋」さんは、実は創業100年以上続く米屋さん。先代から受け継いだ伝統の和菓子をつくるのは四代目の安田さん。
日々素材や味を追求しながらも製造方法はほとんど変わらないという。

佐土原で「鯨ようかん」をつくっているお店は数軒だというが、その一軒である「安田屋」さんは、実は創業100年以上続く米屋さん。先代から受け継いだ伝統の和菓子をつくるのは四代目の安田さん。
日々素材や味を追求しながらも製造方法はほとんど変わらないという。

蒸してから更に手でこねる

自家製粉した九州産の米粉にお湯を加えてミキサーで練る。20分ほど蒸した生地をさらに職人さんが手でこねる。出来上がった生地は、なめらかでモチっとした食感に仕上がる。

自家製粉した九州産の米粉にお湯を加えてミキサーで練る。20分ほど蒸した生地をさらに職人さんが手でこねる。出来上がった生地は、なめらかでモチっとした食感に仕上がる。

甘すぎずまろやかなあん

その生地との相性の良いこしあんは、生あんとこだわりの砂糖と塩を混ぜ合わせることで、お店特製の甘すぎずまろやかな味わいに。

その生地との相性の良いこしあんは、生あんとこだわりの砂糖と塩を混ぜ合わせることで、お店特製の甘すぎずまろやかな味わいに。

生地とあんこを平べったい棒状に伸ばして組み合わせて蒸すのだが、あんこが流れないようにするのが難しいのだという。

生地とあんこを平べったい棒状に伸ばして組み合わせて蒸すのだが、あんこが流れないようにするのが難しいのだという。

蒸し上がりは湯気に包まれ、生地とあんこの川のような光景がいい眺め!ツヤツヤに輝いている。

蒸し上がりは湯気に包まれ、生地とあんこの川のような光景がいい眺め!ツヤツヤに輝いている。

最後に、ひとつひとつ手で生地を背中合わせにする。ほとんどの工程が手づくりによるもの。地域に愛されてきた理由は味だけではなく、手間暇をかけた愛情のこもった和菓子だと伝わってくる。

最後に、ひとつひとつ手で生地を背中合わせにする。ほとんどの工程が手づくりによるもの。地域に愛されてきた理由は味だけではなく、手間暇をかけた愛情のこもった和菓子だと伝わってくる。

地域に根づいた伝統の味を後世に残したい

そんな地域に根づいた伝統の味を「後世にも残していきたい」という安田さん。県外で食べられることが少なかったことに加え、後継者不足などお店が減ってきていることにも危機感を覚えたと言い、米屋だからできる発想で新しい和菓子の可能性を見出している。

そんな地域に根づいた伝統の味を「後世にも残していきたい」という安田さん。県外で食べられることが少なかったことに加え、後継者不足などお店が減ってきていることにも危機感を覚えたと言い、米屋だからできる発想で新しい和菓子の可能性を見出している。

エネルギーチャージにぴったり!?

そのひとつとして、
温暖な気候からスポーツ
との関わりも深い宮崎
から、スポーツフード
「くじらようかん-carbo(カーボ)-」を
新商品として開発。その栄養価や、エネルギーの速効性・持続性から、著名なアスリートにも高く評価されている。

そのひとつとして、
温暖な気候からスポーツ
との関わりも深い宮崎
から、スポーツフード
「くじらようかん-carbo(カーボ)-」を
新商品として開発。その栄養価や、エネルギーの速効性・持続性から、著名なアスリートにも高く評価されている。

伝統を残し、発展させ続ける熱意。

伝統をどう残していくかを考えた結果、新しい発想に挑戦し、その開発の過程で、本来の「鯨ようかん」の日持ちも長くできるようになった。まだ私たちの知らない和菓子を、熱い想いで届けてくれることに感謝したい。

伝統をどう残していくかを考えた結果、新しい発想に挑戦し、その開発の過程で、本来の「鯨ようかん」の日持ちも長くできるようになった。まだ私たちの知らない和菓子を、熱い想いで届けてくれることに感謝したい。

この記事を書いたのはセコでした

紹介した商品

[安田屋]
伝統和菓子 鯨ようかん 12個入

12個入 (プレーン×4個、よもぎ×2個)×2袋

1,800円(税込)+配送料

宮崎県の佐土原に元禄時代からつづく伝統和菓子。こしあんに米粉を使った団子を挟んだ、県外では食べられる機会の少ない地元に根づいた味。ほんのり塩気の甘すぎないまろやかなあんことモチッとした食感の素朴な味です。(解凍方法は冷蔵庫で3時間、または自然解凍で2時間ほど。)

賞味期限 発送日より冷凍で5ケ月/解凍後は、当日中にお召し上がり下さい。
配送について ご注文日から5営業日以内に発送
※配達希望日時がある場合は、購入画面の備考欄からご記入いただけます(ご注文受付日から7日目以降の日付をご指定できます)
配送料について 出店店舗ごとに配送料が異なります。購入画面で自動計算されます
【安田屋からの配送料の目安】 関東エリア:冷凍60サイズの場合1,400円(税込)/関西エリア:冷凍60サイズの場合1,080円(税込)
サイズ 箱サイズ約縦18×横26×高さ4cm
原材料 こしあん(国内製造)、砂糖、米(国産)、よもぎ、澱粉、食塩、(一部に大豆を含む)
アレルギー表示 なし
保存方法 -15℃以下で保存
  • 包装

  • のし

  • 配送温度帯

    冷凍

解凍方法は、冷蔵庫で3時間程度、自然解凍で2時間程度 ※手提げ袋はお付けしておりません。ご必要な場合は、購入画面の備考欄に記載ください ※のしをご希望の方は、購入画面の備考欄に記載ください

店舗詳細

店名 安田屋 (鯨ようかんの安田屋)
住所 〒880-0301
宮崎市佐土原町上田島1424-4
電話番号 0985-74-0067